野菜を食べることの重要性を説いていきたい

MENU

野菜嫌いは便秘に注意

野菜には沢山の栄養成分が含まれており、しかも野菜は低カロリーです。タンパク質も脂質も糖質ももちろん体を作り動かすためには非常に重要ですが、摂取しすぎてしまうと肥満になります。栄養価も高いものですがその分カロリーも高いため、自分で摂取量をコントロールする必要があります。食事は偏りなくバランスよく摂取するということが体の健康のためには重要ですが、野菜嫌いである人は、必然的に脂質や、タンパク質、糖質などの摂取量が多く野菜に多く含まれる栄養成分は不足しがちになってしまいます。野菜にはビタミン類などが豊富で美容面での効果をよく耳にしますが、例えば食物繊維なども野菜に豊富なものです。野菜嫌いであると便秘などの問題を抱えることが多いのですが、それは野菜嫌いである人が野菜の食物繊維を摂取していないことから便秘の問題を引き起こすというのが理由になっています。食物繊維は便自体に溶け込んで排出をスムーズにする水溶性食物繊維と、腸内の腺毛を刺激する脂溶性食物繊維があります。摂取する野菜によってどちらのタイプの食物繊維であるのかは異なりますが、どちらの食物繊維も野菜には豊富です。野菜嫌いであると、この便通をスムーズにするための食物繊維が体内で不足してしまうため、便秘の問題を抱えやすくなります。

 

参考:生涯独身はイヤ!
http://xn--4gqz31giqbq19b.cc/

大人の野菜嫌い対策

子供は野菜があまり好きではないものですが、大人にも野菜嫌いだという人は大勢います。女性は野菜を好んで食べたり、野菜が持つ栄養成分について詳しいので、野菜が嫌いでも野菜をしっかり摂取しているという人が多いのですが、男性の場合とくに若い男性は栄養に無頓着であるため、野菜が嫌いなら食べないという人が多いようです。例えば夫の健康を考えて野菜をしっかり食べさせるのに苦労している主婦もいます。夫が野菜嫌いですとあまり野菜を食べないため、健康面が心配だという主婦は多く野菜嫌いの夫にいかに野菜を食べさせるかに頭を使っているという人は実は少なくありません。ときに大人であるがゆえに子供の野菜嫌いよりもやっかいであることがあるようですが、野菜嫌いの夫も持つ妻は様々な工夫をしているようです。例えば通常サラダなどで手軽に取れるはずの野菜を、嫌いな夫対策として煮る、焼く、混ぜるというような工夫の調理をして野菜を食べやすくしたり、歯ごたえが楽しめるはずの野菜を、嫌いな夫のためにほとんど原型をとどめないくらいに切り刻んで存在を消しながらも料理に使ったりというようにひと手間以上をかけて野菜を食べさせる工夫をしているという主婦もいるようです。